• ホーム
  • 部門紹介
  • 研究グループ
  • リスク評価戦略グループ
  • リスク評価戦略グループ

    リスク評価戦略グループ

    内藤 航
    グループ長内藤 航

    研究職員:8名
    内藤 航 加茂 将史 藤田 克英 篠原 直秀 竹下 潤一 岩崎 雄一 眞野 浩行 森山 章弘

    契約職員等:10名

    概要

    化学物質(マイクロプラスチックを含む)、ナノ材料および新型コロナウイルス感染症等のリスク評価研究を実施しています。具体的には、ナノ材料等のイノベーションの推進に必要なリスク評価のための手法の開発と適用、リスク評価に必要な欠如データを得るための計測や手法の開発、実際の環境のリスク評価とその例示、社会課題の解決を志向するリスク評価の実践などの研究を推進することで、産業と環境が共生する持続可能な社会の実現と社会課題の解決に貢献することを目指しています。

    研究内容

    化学物質のリスク評価・管理技術

    • 数理科学的手法によるヒト健康および生態のリスク評価のための有害性推論手法の開発
    • 定量的な生態リスク評価に資する種の感受性分布(SSD)の予測手法の開発
    • 数理モデルを活用した複合曝露影響や個体群レベル評価に関する手法開発および毒性試験による検証

    数理モデルを活用した複合曝露影響や個体群レベル評価に関する手法開発および毒性試験による検証

    • 化学物質の複合曝露影響の評価のためのモデル・統計的検定理論・組み合わせ最適化手法の開発
    • 個体群レベルの生態リスク評価のための評価手法の開発

    化学物質の曝露による個体群レベルの影響(集団存続時間の減少)のイメージ

    休廃止鉱山や海域等における金属類の実践的リスク評価

     

    • 実環境における生態影響レベルを野外調査の結果に基づき予測・評価
    • 実測とモデリング技術を活用し、地域性を考慮した実践的な環境リスク評価の実施

     

    河川での野外調査の様子

    生物応答試験を活用したリスク管理手法

     

    • 実環境に即した有害性評価手法の検討や現実的な事業場排水のリスク管理のために、実環境での生態影響レベルを環境水に対する生物の応答により評価

     

    試験に用いる装置と生物(ミジンコ)

    マイクロプラスチック(MP)の環境リスク評価

    • MPの環境リスク評価に必要な研究課題の抽出とリスク評価における留意点の明確化
    • MPの環境リスク評価の手順を具体的に明示した概念モデルの提示と試行的リスク評価の例示
      (環境暴露モデリンググループおよび排出暴露解析グループと連携して推進)

    室内環境曝露評価

    • 室内における化学物質等の挙動の解明や曝露・リスク評価の高度化に向けて、実験室及び実環境でのSVOC類の放散速度・吸着速度の測定、経皮曝露量の測定。室内のカビ・ダニ・エンドトキシンに関する実態調査
    • 室内の換気、粒子の挙動についての実態調査

     

    簡便な試験手法の標準化と普及活動

    • 事業者による新規技術の自主管理を支援する簡便な有害性評価手法(細胞試験や気管内投与試験等)の標準化および手順書の公開

     

    試験手法に関する手順書

    新型コロナ感染症対策に資する公共交通機関および大規模集客施設等における換気等の計測と評価

    新型コロナウイルス感染症リスクや対策効果の評価に資するエビデンスの取得と効果的な感染リスク対策の実現
    に貢献するための調査研究を実施

    • 公共交通機関の実際の車両等における換気や粒子挙動の計測と評価
    • スタジアム等での密集・密閉の状況把握のためのCO2濃度計測と評価
    • 呼気・咳シミュレーターを用いた飛沫・飛沫核の可視化・定量化試験

     

    研究紹介

    掲載日 タイトル
    2021/09/16 セルロースナノファイバーの呼吸器への影響
    2021/09/16 金属汚染を対象とした河川での生態影響調査において、どの生物グループを調査すべきか?
    2021/09/16 国内に生息するDaphnia属ミジンコの繁殖に対するニッケルの生態影響調査
    2020/08/07 避難指示解除地域における被ばく線量の測定と評価
    2020/08/07 種の感受性分布の信頼性評価
    2020/08/07 セルロースナノファイバーの吸入影響評価手法を開発
    2020/08/07 フタル酸エステル類への経皮曝露量の把握
    2020/08/07 順序尺度に対する分散分析手法ORDANOVAの改良
    2020/08/07 化学物質濃度が高い河川地点はどんな特徴があるのか?:水生生物保全の観点から
    2020/07/15 ナノ材料の吸入毒性のスクリーニング試験方法【書籍刊行】
    2020/07/13 セルロースナノファイバーの経皮曝露試験法の確立
    2020/07/13 国内河川の水質条件下での水生生物に対するニッケル有害性の推定