• ホーム
  • 部門紹介
  • 研究グループ
  • 環境暴露モデリンググループ
  • 環境暴露モデリンググループ

    環境暴露モデリンググループ

    梶原 秀夫
    グループ長梶原 秀夫

    研究職員:5名
    石川 百合子 井上 和也 小栗 朋子 秦 寛夫

    契約職員等:4名

    概要

    人や生態系への化学物質のリスクを評価するうえで重要な、環境暴露モデリング技術の開発を行っています。環境暴露モデリングとは、環境からの人や生態系への暴露について構成要素とその相互関係を数式化することで実態解明を行ったり、実測しないでも濃度や暴露量の推定を可能にする技術のことです。環境暴露モデリングにより、効果的なリスク削減の提案を行うことができます。化審法・化管法対応など行政での活用だけでなく、技術相談、コンサルティング、共同研究等を通じて民間企業のSDGsやレスポンシブルケアでの対応などに活用されることを目標としています。

    研究内容

    環境暴露モデリングのスコープ

    • 様々な環境媒体(大気、水、室内、製品、食品)から人や生態系に対する暴露モデリング技術の開発
    • 暴露評価のためのソフトウェアや測定技術の開発


    大気、水、室内、製品、食品など幅広い環境暴露を対象

    大気質モデリング

    ADMER/ADMER-PRO(リスク評価のための大気拡散モデリングシステム)の開発

     

    • 化学物質の大気中濃度や沈着量等を空間的、時間的に詳細な解像度で推定
    • 一般のPCで動作し、平易な操作性を実現
    • 計算に必要な気象等の基礎データを内蔵し、容易に濃度分布や削減効果を推定可能

     

    ADMER-PROにおけるオゾン濃度分布の表示例

     

    新たな大気化学反応メカニズムの組み込みとリスク評価

     

    • 化学物質の大気中でのPM2.5の生成メカニズムを実験で解明
    • 解明した化学反応メカニズムを大気質モデルに組み込み、モデルの再現性を向上
    • 新たなモデルを用いて、低炭素技術等を導入した場合の大気質の変化と人へのリスクを評価

     

    新たな化学反応を組み込むことによるPM2.5濃度の変化

     

    人に近い環境における暴露モデリング

    ICET(室内製品暴露評価ツール)

     

    • 防虫剤、可塑剤、溶剤、難燃剤などの、様々な用途の化学物質への適用が可能
    • 飛沫に対応するスプレーモデル
    • 企業や行政機関での使用も可能

     

    暴露シナリオの例

     

    暴露逆推計モデル構築システムの開発

     

    • バイオモニタリングによる生体内濃度と環境モニタリングによる暴露量とを結びつける暴露逆推計モデルを構築
    • 暴露評価と化学物質管理の高度化に貢献

     

    暴露逆推計モデルの概念図

     

    河川・海域モデリング

    SHANEL(河川水系暴露解析モデル)
    • 全国河川の化学物質の濃度分布や時間変化の推定
    • 日常的に排出または漏洩事故で流出した化学物質の暴露評価が可能
    • 河川流域データを内蔵
    • 海洋生分解性プラスチックに適用するため改良中

    河川水濃度分布の表示例

     

    RAM-TB(東京湾リスク評価モデル)

     

    • 沿岸域での化学物質の環境水中濃度の時空間的解析が可能
    • 対象海域の物理量と生態系データを内蔵し、排出量と簡単な物性の入力で計算可能
    • 大気、河川、線源、点源負荷による生態リスク評価が可能
    • 海洋生分解性プラスチックに適用するため改良中

     

    新たな化学反応を組み込むことによるPM2.5濃度の変化

    研究紹介

    掲載日 タイトル
    2021/11/30 産総研-水系暴露解析モデル(AIST-SHANEL)の推定精度評価 -多摩川におけるビスフェノールA を対象として-
    2021/09/16 食事からの無機ヒ素摂取を評価する曝露バイオマーカーの確立
    2020/07/13 セルロースナノファイバー応用製品からの暴露シナリオ抽出とケーススタディ
    2020/07/13 世界の様々な河川流域に適用できる化学物質の暴露評価モデル
    2020/07/13 VOC排出削減による地表オゾン低減効果の地域性
    2020/07/13 セルロースナノファイバーの経皮曝露試験法の確立